RSS | ATOM | SEARCH
愛器メンテナンス3

尼崎にある「TUNE GUITAR」

ここが関西で唯一PLEK調整マシンを有するところ。

 

まずは軽くチェック

クラフトマンの月森氏の手にゆだねられます。


 

 

製作者以外の方に見てもらうのは初めてで、こちらも少し緊張。。。​

 

このガラスケースが調整マシン。

 

さてさて、ここから全身スキャンが始まるわけです。

author:office-hase, category:音楽, 17:51
-, -, - -
愛器メンテナンス2

ギター製作職人という職業があります。

いわゆる弦楽器は彼らの手により作成され、修理もされます。

そしてこれは長年の経験や知識が無いと無理な「職人芸」の領域だったのです。

 

ところが、ドイツでこれを全てオートマチックで行なうという機械が発明されていたのです。

それが「PLEK」

(楽器弾きしか理解できない超マニアックな説明💦)

http://www.cc.rim.or.jp/~tune/plek/plek.html

 

半信半疑だったのですが、私のベースの師匠達がPLEKで調整していると聞き、メンテナンスに出してみることにしました。

 

(今日も「こんなブログ誰が面白いのだ?」と冷静に思いながら書いている初秋の夜)

author:office-hase, category:音楽, 22:57
-, -, - -
愛器のメンテナンス

私の唯一の趣味「エレキベース」演奏。

下手ながら、だらだらと20年も弾いております。

好きでないとここまで続きません。

ヘタの横好きとはこのこと。楽しい

 

音楽活動から3年ほど遠ざかっており、結構ストレスになっていることを最近気づきました。

「もう一度楽器と向き合おう」

そんな気持ちになりました。

 

まずは楽器を調整せねばなりません。

エレキ楽器といえ本体は木でできています。

木は年月が経てば、水分が抜けて必ず「縮む」のです。

 

2007年ものや、2008年ものなどを持っているのですが、経年変化でネックは反ってきました。

これで弾きづらくなるのです。

トラスロッドを回せば自分である程度調整はできるのですが、自力の限界を感じメンテナンスに出しました。

これが最新テクノロジーを導入した画期的メンテナンス方でして、、、続きはまた( ^)o(^ )

author:office-hase, category:音楽, 18:44
-, -, - -
半年前の予言

半年前にトランプの勝利を確信していた人がいました。

宋文洲さんです。

http://www.soubunshu.com/article/438292578.html

 

今回の当選ニュースを受けて、このように発言しておられます。

経営者たるもの全て肝に銘ずべき金言だと思いました。

 

「国家の指導者はあくまでも企業の社長と同じく自力で道を切り開く覚悟を
持たなければならないです。そしてあくまでも自分が得するかしないかで
判断しなければならないのです。誰かの仲間と一緒にやれば儲かるとか誰かに
ついて行けば儲かるとかという発想は素人であり最後に損することが多いのです。

商売とはあくまでも一対一の商談で積み上げるのです。TPPに入れば日本は
自動的に輸出が増えるとの発想は業界団体に入れば自動的に売り上げが伸びるとの
思い込みと同じで、甘いのです。

10年もかけて契約書を議論する暇があれば、一軒でも多くのお客様を訪問した方が
結果的に売り上げが伸びるのです。」

author:office-hase, category:経済, 13:43
-, -, - -
これは欲しいなと

ゲーマーではないんですけどね、、、

これは懐かしさもあいまって、しかも5,980円とお手頃価格

8ビットってなんか、ゆるくていい感じ

買ってしまいそうな、、、(^^;)

 

https://topics.nintendo.co.jp/c/article/d2923b54-8552-11e6-9b38-063b7ac45a6d.html

author:office-hase, category:音楽, 15:46
-, -, - -
事実という嘘

目の不自由の方々が象を囲んでこの珍しい動物がどんなものかを調べることにしました。
調べた後、それぞれの人が象について以下のように述べました。

「象は扇子のような動物だ」。耳を触った人が言いました。
「象は柱のような動物だ」。足を触った人が言いました。
「象は蛇のような動物だ」。鼻を触った人が言いました。
「象は壁のような動物だ」。胴体を触った人が言いました。

・・・・・・同じ動物を調べたのに、十人十通りです。

これは「盲人摸象」という寓話です。
同じ事実であっても見る人の主観と限界で異なるものとして認識され伝えられてしまいます。

実態と異なる評判や印象がこのような誤解や拡大解釈なら理解できますが、一部の事実のみを利用して恣意的に操作されるとたちが悪いのです。

『シナリオに沿って選別された事実』

に気を付けなければなりません。

author:office-hase, category:時事, 10:18
-, -, - -
あれは何?

久々の投稿です(^^;)

昨日のサッカーUAE選。

素人の私も開いた口がふさがらないお粗末な審判でしたね。

 

審判も人間、間違うこともある。

だから、他のスポーツではビデオ判定を導入しているのに、なぜサッカーはしないんでしょう?

審判の威厳が失われるから?

 

真実と威厳

どちらが大事か言うまでもありません。

author:office-hase, category:日記, 10:18
-, -, - -
昨年の思い出
遅ればせながら昨年の思い出写真を。
昨年4月、博多で開催された会合の帰り道、京都弁護士会のみなさんと竹原市に寄りました。

広島県竹原市、まっさんの主人公のふるさと、竹鶴酒造のあるところです。




生家はあまりの人気に入場禁止となってしまっており、近所の記念館へどうぞとの貼り紙がされてました。

我々の目的は竹鶴酒造ではなく、べつの酒蔵でした。

名前は忘れてしまいましたが、こんなかっこで入場。
口から納豆菌が飛んだらお酒を発酵させる菌に影響がでるので、前日は納豆禁止とのお触れが出てました。
杜氏さんからお酒ができるまでの過程を聞きました。
ワイナリーにも行ったことはありますが、ワインより繊細で工程が多く、こんなに手がかかるのかと驚きました。
アルコールに弱い私ですが、これからはもっと味わって飲まないとと思いました。





 
author:office-hase, category:日記, 22:32
-, -, - -
あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします。

仕事の半分が遺言・相続についての相談になってきまして、人口分布の変化と時代の流れを感じております。
「家族信託普及元年」と名づけ、昨年は大手ハウスメーカーや不動産業界でセミナー講師を務めました。
今年はそれが芽吹く予感がします。

【知識と見識で明かりをともし、心の霧をはらう】

この経営理念は揺るぎません。
「京都で一番敷居の低い相続相談所」をモットーに今年も頑張ります。おはな
 
author:office-hase, category:日記, 17:44
-, -, - -
目から鱗の本
デフレがここまで長く続くと値下げが当たり前の世の中になってしまいました。
そして、思考も「値下げこそが企業努力である」と思ってしまい、異論をはさむ者もいません。

ところが、この著者は異論をはさみます。
「値上げこそが正しい企業努力であると」

これは目から鱗のスタンス、価値観。
今の世の風潮に「それ違うでしょ」と言うには勇気も知識も要ります。
値下げに苦慮してる社長さん、一読を進めます。眼鏡
author:office-hase, category:本・格言, 23:34
-, -, - -