RSS | ATOM | SEARCH
school of rock
本も映画も好きなものを手元において繰り返し見る。
鑑賞の仕方がこんな風に変わってきました。
新作に飛びつくのもいいんですが、いい作品は繰り返しの鑑賞に耐えうるのです。
これは10年前の映画。
[school of rock]
ミュージシャン崩れの男が偽教師として私立のエリート小学校に潜り込み、「ロックのコンテストで優勝すればハーバード大学入学の優先権をもらえる」と子供を騙してロックの授業を始めるのですが、、、
ロック好きにはたまらない小ネタが随所に出てきます。

映画館に観に行って、飽き足らずDVDまで買ってしまいました。
いまだに人に勧めてはDVDを貸出してます。
author:office-hase, category:映画, 10:21
-, -, - -
かぐや姫の物語
続けて映画話です。
「かぐや姫の物語」高畑勲監督
を観ました。

構想何十年、制作8年...
「風たちぬ」の公開から間もないのですが、とてつもない製作費がかかったそうです。
(追加費用だけで、大作1本分!)
日本人なら誰もが知ってるかぐや姫。
源氏物語にも出てくるこの話は日本最古のSF小説といわれています。
でも誰が作ったか作者不詳。

竹から生まれた女の子が成長し、やがて月に帰ることに…

しかし、よく考えたらこの話は謎だらけなんです。

*なぜ、突然自分は月に帰る定めだと悟ったのか?
*そもそも何をしにこの世へ来たのか?

...肝心な説明はなにもないんです。

作者から「各自で解釈してください」とのメッセージなのだと思います。
それに真っ向から真剣に考え、高畑監督が答えを出しました。
私は彼の解釈はきっと正解だと思います。
それは
「月に帰るなら、なぜ地球に来たのか?」
という問いは
「いつか死ぬのに、なぜ人は生まれるのか?」
という問いなのだと...

人類永遠の共通の命題

素晴らしいとしか言いようがない映画でした。
宮崎ワールドとは全く別の最高傑作です。

映画のサイトはこちら→http://kaguyahime-monogatari.jp



 
author:office-hase, category:映画, 22:09
-, -, - -
「42〜世界を変えた男」
秋から冬にかけて、けっこういい映画が封切られてます。
心に残ったのは「42 世界を変えた男」です。

黒人初のメジャーリーガー、ジャッキーロビンソンの実話です。
彼の背番号「42」は全球団共通の永久欠番。
しかし、年に一度全選手が背番号42を付けるのです。
初めて有色人種でメジャーリーガーになった男に敬意を表して・・・
彼がいなければ野茂もイチローも存在しなかったかもしれません。

チームメイトも敵、審判も敵、観客も敵、全員が敵。
同じ宿舎には泊まれない、同じレストランにも入れない、トイレも飛行機も別。
人種差別が当然の時代。
そんな状況でハリソンフォード演じるGMは入団契約時、彼にいいます。
「やり返さない勇気を持て」と。
彼は答えます。
『私にユニフォームをくれるなら”God bless you”神のご加護を与えます』と。

ラスト一時間、私はずっと泣きっぱなしでした。
今年一番のノンフィクション映画です。

「42」はこちら
http://wwws.warnerbros.co.jp/42movie/
author:office-hase, category:映画, 22:16
-, -, - -