RSS | ATOM | SEARCH
目から鱗の本
デフレがここまで長く続くと値下げが当たり前の世の中になってしまいました。
そして、思考も「値下げこそが企業努力である」と思ってしまい、異論をはさむ者もいません。

ところが、この著者は異論をはさみます。
「値上げこそが正しい企業努力であると」

これは目から鱗のスタンス、価値観。
今の世の風潮に「それ違うでしょ」と言うには勇気も知識も要ります。
値下げに苦慮してる社長さん、一読を進めます。眼鏡
author:office-hase, category:本・格言, 23:34
-, -, - -
人生時計
人生を1日の24時間に例える話を聞ききました。
自分の年齢を3で割ると、現在の人生時間がわかるんです。
36歳だと3で割ると12なんで、ちょうど正午(12時)というわけです。
私の場合、15:30分
まだ明るいけど夕方の少し前といったところですね。

ある税理士からこんな話を聞きました。
「顧問先の社長様から相談を受けました。
突然、自分の後継者指名や株の移動についても明確な方針を示されました。
いつもは細かいことに気を使われないタイプの経営者ですが、いやに明確だなと感じていました。
いろいろな話が終わり、席を立とうとする社長に『最近、体調はいかがですか?』と聞いてみると座り直され、
『言い出せなかったけど、実は医者が言うには、、、あと半年なんです』と。
なんてお答えしていいのか言葉に詰まりましたが、社長は究極の引き算をして今しなければならないことに着手されたのだな、と思いました」と。
残りの時間を「あと〇〇時間しかない」ではなく「まだ〇〇時間ある」と考えよう、というポジティブ思考の問題ではありません。
生を受けた者はいつか終わるという厳然たる原則。
日々の仕事に追われこの「原則」を忘れがちですが、今一度思い出して人生の完成度を上げていきたいものです。

今年も半分終わりました。
目標達成に向けてみなさんいかがですか?
お互いがんばりましょう!!




author:office-hase, category:本・格言, 00:12
-, -, - -
いやはやなんとも
この本のタイトルに大きくうなづいたあなた。。。
どうでもいい情報が飛び交いすぎて「今日のランチはカレー」
そんな書き込みまでわざわざメールで「新着」と知らせられ
『...いったい何やってんだ?』
と我にかえったことがあるでしょう。

つながってるのではない
つなげられているのだ

著者はそれを言いたいのでしょう。
author:office-hase, category:本・格言, 18:54
-, -, - -
才能と努力どっちが大事?
最近物議をかもしているそうですねこの本。

・人は万能ではなく、世の中は平等ではない
・生まれによる階級、才能による階級がある

この現実を前に「努力すれば夢は叶う」との人生観に異を唱えます。
『先天的素質でアスリートの成否は99%決定している』と。
身もふたもないご意見です。ひやひや
しかし、これは厳しい現実と向き合い世界と戦ってきた彼だからこそ言えること。

ボクシングのチャンピオンは総じて手足が長い選手が多いです。
それが体格的に圧倒的に有利なスポーツだからです。
短い人は他の部分(スピードやスタミナ、テクニック)で補わなければ勝てない。
長い人は補わなくていい、長いんだから。
その分、実のある練習ができる。
手足が短いことを克服する努力が不要だから、ここに時間を取られないんです。
だから実のある練習ができる、結果、試合で勝つ...

才能は不平等で理不尽です

「あなたが活躍するフィールドはここではない。他の場所です。」
そういってあきらめさせてやるのもコーチの仕事だと彼はいいます。
私も彼の意見に賛成です。
才能のないことにエネルギーを注ぐほど人生は長くないのです。
 
author:office-hase, category:本・格言, 22:14
-, -, - -